代表からの
メッセージ

今、AIがあらゆる領域へ進出し、人間のあり方が問われる時代になろうとしています。2030年には人が余るといわれ、誰でもできる仕事は、機械ができる仕事へと確実にシフトしていくでしょう。これから人財に求められるのは「人間にしかできない仕事」。AIにはない考える力=人の発想力こそが企業の未来を創るのです。

豊後企画集団が40年間従事している不動産業は人対人、つまり人間にしかできない仕事が基本であるため、私たちは必ず存続することができると確信しています。しかし、窓口業務や一部の単純作業にはやはりAI化の波が迫っています。「3割の仕事がAIに変わるのなら、その3割の人財を別の業務で活かす」これが私たちの考えです。また、人生を100年スパンで考える時代へ突入した今、年を重ねても活躍できるフィールドも必要になるでしょう。これから先、会社を発展させていくためには人間にしかできない仕事のチャネルをどれだけ増やしていけるかが非常に重要になります。現在すでに不動産業から派生した相続ビジネスに着手していますが、今後はその発展、異業種への参入も視野に入れ、会社の、そして社員の可能性を広げていきたいと考えています。

皆さんはこれからたくさんの企業との出会い、たくさんの情報を得ることと思います。どうか惑わされないでください。実際に自分の目で見、耳で聞き、人間の特権である“考えること”を放棄せずその情報を正しくジャッジしてください。今は大企業だからいいといえる単純な時代ではありません。会社の規模ではなく、自分が何をしたいのか、何を成し遂げたいのかを考え、一人の人間として人間らしい仕事ができる会社を探してください。

豊後企画集団はこの想いに共感し、共に未来を創ってくれる人財を求めています。

株式会社豊後企画集団
代表取締役社長 佐藤 洋